オートロックで防犯

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

最近は、都市部のほとんどの賃貸住宅や一般の住宅などではオートロックが主流になってきています。さらに最新の高層マンションなどの集合住宅では、各部屋の玄関だけでなく、建物自体の入り口にも設置されることが多く、実際は二重にオートロックが設置されているようなところもあります。しかし、その他の一部や地方の住宅などはまだまだ自分で施錠しなければならないところも多くあります。ときに何か他のことを考えていたり、他の作業をしていたりして、ふと施錠するのを忘れたことはありませんか。また、近所にゴミを出しにいく、目の前のコンビニに行くなど、ちょっとそこまでの外出だからという理由で施錠せずに部屋を出たことはないでしょうか。実はそれはとても危険なことで、そのほんの少しの時間だから大丈夫という、ある意味過信した気持ちと、隙間時間を狙って、部屋に侵入するなどの犯罪がとても多く発生しているという事実があります。もちろん、オートロックも完全ではないのですが、自分で施錠するよりはかなり安心度が増すことは間違いないでしょう。

こういった犯罪を少なくするためには、マンションを施工する際に、始めからオートロックを設置していればいいのですが、まだそれほど普及されていない時に建てられた中古マンションや住宅などは、修繕やリフォームの際に新たに導入するところも多くなってきました。そのために多少修繕費用が高くなっても、より高い防犯になって安全で快適に過ごせるほうがよいのではないでしょうか。ここでは、マンションへのオートロックシステムの導入と防犯について考えてみました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket